Tomomi Nakagawa
Tomomi Nakagawa

南山大学 中川朋美

縄文時代から弥生時代を中心に、古人骨についた傷と出土状況から、暴力に関して研究。最近は個人研究では主に集団規模の暴力に焦点を当て、暴力と階層性の関係について研究しているが、そろそろ他の性格の暴力を検討しようとひっそりと計画を進行中。

職歴
  • 2020年4月 - 現在    南山大学 人類学研究所 博士研究員
  • 2018年4月 - 2020年3月 岡山大学 特別研究員(DC2)
  • 2018年9月 - 2019年3月 岡山大学文学部非常勤講師
  • 学歴
  • 2016年4月 - 2020年3月 岡山大学 社会文化科学研究科 博士後期課程
  • 2014年4月 - 2016年3月 岡山大学 大学院社会文化科学研究科 博士前期課程
  • 2012年4月 - 2014年3月 龍谷大学文学部
  • これまでの仕事
  • 書籍・論文
  • 学会発表
  • 集成データ
  • 受賞歴
  • 第1回金光賞 (2018 岡山大学)
  • 第9回育志賞 (2018 日本学術振興会)
  • 第2回金光賞 (2019 岡山大学)
  • 所属学会
  • 考古学研究会
  • 情報考古学会
  • 日本人類学会
  • 考古学若手研究会2020
  • そのほか:学会・研究活動など
    プロジェクト
  • 2020年4月 - 現在     新学術領域C01班所属

  • 学会活動
  • 2016年4月 - 2020年4月 考古学研究会 常任委員(岡山例会)
  • 2016年8月 - 2017年4月 考古学研究会 第63回考古学研究会総会・研究集会実行委員
  • 2017年8月 - 2018年4月 考古学研究会 第64回考古学研究会総会・研究集会実行委員
  • 2020年4月 - 現在    考古学研究会 常任委員(東海例会)

  • 2019年9月 - 2019年10月 日本考古学協会 2019年度岡山大会実行委員

  • 2020年6月 - 現在     考古学若手研究会2020実行委員

  • メディア・書評など
  • いちょう並木 Vol.92, p. 7 (岡山大学 総務・企画部 広報課)
  • 岡山大学HP、新着ニュース 2019/04/12
  • 岡山大学HP、トピックス 2019/02/08
  • 翻訳:ジョン・スコフィールド2018 (中川朋美,高田健一,岡村勝行邦 訳)「近・現代の戦争遺跡(6)冷戦遺跡に見るアート作品と壁画の重要性 : 東側と西側からの視点」『考古学研究』64(4), pp. 25-30
  • 書評:中川朋美2016「書評 ランブロス・マラフォーリス Lambros Malafouris著『どのようにモノは心をかたちづくるか : 物質関与論』 How things shape the mind : A theory of material engagement」『考古学研究』63(3), pp. 107-109

  • 発掘
  • 2019年3月 - 2019年3月 第1次飯盛山東1号墳発掘調査 参加
  • 2015年3月 - 2018年9月 第1〜4次津倉古墳発掘調査 参加
  • 2014年9月 - 2018年9月 第1・3〜5次 岩伏し遺跡発掘調査 参加
  • 2017年8月 鳶尾塚古墳測量調査 参加
  •   * 発掘関連の執筆物はResearchmapに記載

    最終更新日: 2020/12/20